2007年08月16日

猫のお話。。。

今日はワンの話ではありません。。。

我が家のニャンコ達猫(笑)のお話です。

我が家の猫が増えるきっかけを作ってくれた今は亡き
チンチラゴールデンのキンちゃん

DVC00060.JPGDVC00030.JPG

最後は癌との壮絶な闘いを過ごしましたが
今はキンちゃんが残してくれた子供と孫が
私達家族を癒してくれています手(チョキ)


そして下ここにご紹介するニャンコ達は様々な理由で
我が家の家族になった子ばかりです。。。

茶色いのがココア猫(笑)クリームがミルクです猫(足)
この子達は魚屋さんの前に捨てられていました顔(泣)
「もらってください」とだけ書いて。。。

DVC00083.JPG DVC00040.JPG

赤ちゃんの頃のココアとミルク揺れるハート仲良し姉妹です。

下この子はトム君

虐待を受けてガリガリにやせ細って鼻血をだし
体にはアルコールがかけられ真冬にビショビショになって
瀕死の状態のところを救出しました顔(泣)
後数時間発見するのが遅かったら。。。
この子はきっとウチにはいなかったことでしょう顔(泣)

DVC00042.JPG

入退院を繰り返し現在は何とか元気になりましたGood
病院にかかった費用は軽く50万は超えました顔(え〜ん)
虐待やいじめは決して許せませんパンチ
体はよくなってもこの子は人間不信が続いていてちょっとしたことでも
ビクビクしておびえます。。。
この恐怖感は一生消えることがないでしょう。。。
おろかな人間が犯した罪ですexclamation×2

お次はフェンスに挟まって頭が抜けなくなっていたのを子供達が発見し
救出してウチに連れてきたタマちゃんです

DVC00024.JPG DVC00063.JPG
DVC00062.JPG DVC00066.JPG 

もし子供達に発見されなかったら。。。
この子も助からなかったことでしょうねぇ〜

我が家は動物大好き家族です。

この子達を見ると癒されます。

しかしときには切なさも感じます。

特にこの頃の写真を見ると。。。

赤ちゃんの頃から愛情たっぷりでヌクヌクと人間の手で幸せに暮らしてきたペット。。。
おろかな人間の身勝手で捨てられたり虐待にあったりしたペット。。。

この違いがわかるかな。。。

この子達は必死で生きています。でも人間が怖いのです。

人間に頼ることが出来ないのです。甘えることも出来ないのです。

この子達を捨てたり虐待した人。。。この子達は生きているのです。

あなた達と同じように。。。

私達人間と同じように「命」で生きています。

私がこのようなことを書いた理由は。。。
今日、私の知り合いから電話があり明らかに
虐待にあって亡くなっている猫を発見したと。。。
草むらに捨ててあると。。。

人間に捨てられて、人間の手により虐待されたニャンコ。。。
そして最後の最後までおろかな人間によって捨てられたニャンコ。。。
どんなに苦しかったか。。どんなに怖かっただろう。。。
そしてどんな風に人間を見ていたのだろう。。。
人間って何なんだろう。。。

今日、私は切ない気分で1日を過ごしました。


ニックネーム ミキ at 23:48| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする