2007年06月04日

また会う日まで。。。

6月3日、昨夜から降り続けた雨も午後からは上がり
雲の切れ間から少しだけ日が差し込んできた昼下がり。。。
その光に吸い込まれるように我が家の大事な家族だった
愛猫チンチラの「シロ」が14年の生涯を閉じた。
フサフサの白い毛に大きな瞳。。。
いつまでも子猫のような愛くるしい姿。。。
そんな「シロ」は1年以上もの闘病生活送り、
日々癌との戦いを過ごしていたのだ。
母親である「キンちゃん」も癌で1年半前にこの世を去った。
獣医さん曰く、遺伝的なものらしい。
この母親である「キンちゃん」も癌との壮絶な闘いをしてきた。
最後は、手の施しようも無い状態でただ見守ることくらいしか
私達には出来なかった。
そんな状況を見てきた私達家族は「シロ」が癌に侵されていることを
「キンちゃん」が亡くなった後に気づいたのだ。
今年に入り「シロ」も寝ている時間が多くなった。
お腹にできた癌が大きくなって今にもはじけそうだった。
高齢の上、筋肉に巻きつく形の癌であったため手術はできなかった。
2月に入り「もう、ダメかも。。。」何度そう思っただろうか。
そんな中、我が家は引越しの作業でバタバタと忙しい日々を
過ごしていた。
「シロ、もう少しがんばって。。。新しいお家に連れて行くからね」
この言葉を毎日のようにシロに声掛けをし、
私たちは引越しの作業を進めていたのだ。
シロは引越しの時も疲れた様子も無く
今までの闘病生活がウソのように元気になり、
私達家族は、一番気を使っていた「シロ」の姿に
ホッと胸をなでおろしたのです。
今思えば、私達家族に心配をかけまいと、
気丈にふるまっていたのかもしれません。
しかし、もう長くないことは私達家族には分かっていました。
母猫の「キンちゃん」の最後は、
私達家族も胸が痛くなるほど壮絶なものでした。
せめて「シロ」は最後は苦しまずに。。。と願っておりました。
6月3日の朝もいつものように元気な「シロ」でいてくれました。
そして午後、いつものように普通に丸くなって寝ているシロがいました。
丸くなって寝ているシロが動かなくなったのに気づいたのはその直後。
「シロ」と声をかけるといつもの反応が無い。
シロは眠ったまま苦しまずに天国へ行ったのです。
本当にいつものように。。。
ただいつもと違っていたのは動かなくなった「シロ」の姿だったのです。
最後まで私達家族に心配をさせまいとシロが精一杯
がんばった姿だったのではないでしょうか。
「シロ」よくがんばったね。
そして最後まで私達家族のことを気遣ってくれてありがとうね。
ありがとう「シロ」。。。
天国に行ってもずっとずっと家族だよ。。。

ニックネーム ミキ at 11:03| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする